ももんじ通信

本と落語と時々博物館

雑感

自分は料理が苦手だと思っていた

4月から新生活が始まって変わったことがある。自炊をするようになったのだ。 私はこれまで漠然と、料理が苦手なんだと思っていた。小中学生の時に、台所の手伝いに入った時に母親から散々に否定され、それ以来嫌になって料理をやらなくなったためだ。そりゃ…

ラーメンを食べるとき

滅多にないことだけど、どうしてもラーメンが食べたい時がある。この渇きは、飢えはラーメンでしか癒せないという瞬間が人生には幾度も訪れる。 昨日がちょうどその日だった。 当日券で演劇の昼公演を見た後に以前から予約していた落語会があった。演劇を観…

カスタム広告について

数年前からインターネットをしているときに表示される広告が利用者の興味に合致したものになる、「カスタム広告」がかなり普及したように思う。 今では直前まで見ていたネットショップの商品の広告が画面に現れるのも当然のようだし、実際かなり便利に使って…

筋トレについて

昨年の夏頃から筋トレを始めた。きっかけは職場の先輩にしつこくダンベルを勧められたことで、付き合いのつもりで3キロのものを2個買ってリビングに置いておいた。ダンベルはテレビの横に置いて、目に入るたびに手に取る習慣をつけたら、みるみる筋肉がつい…

しゃくれた文章

映画のセリフみたいな言葉を言うときに、気恥ずかしさを感じて話し方がしゃくれて喪黒福造みたいになってしまうことがある。自分でもそう感じるし、他の人が「あ、いまこいつカッコつけてるな」というセリフを吐いている時も、喋り方が喪黒福造みたいになっ…

一般名詞は名乗った者勝ち説

ネーミングセンスがない。 呆れるほどに私にはネーミングセンスがない。 キャラクターの名前も自分のハンドルネームも愛称もコンテンツの名前もまるでうまく付けられない。 昨年、指導に入った現場でイベントの名前を付ける場面があったのだが、例として作成…